Skip to main content

私が花の仕事を選んだわけPart1

卒業してすぐに損害保険会社へ入社しました。
当時は大変人気のある職種で、希望に満ちて入社しましたが、
配属された部署が、自動車査定という
自動車保険の事故を処理する部署でした。

〇〇損保で太鳳ちゃんが
「私が代わりにお相手とお話ししましょうか?」
と軽やかに対応している、あれです。
実際はあのようなものではなく
毎日、人の起こした事故で誤ったり
怒られたり。

「性格がねじ切れちゃう」
「娘にはこの仕事はさせられない」
って、私たちの目の前で言うおじ様達。

何とかしないとと思い、趣味を探していた時に
出会ったのがフラワーアレンジメントでした。
最初は上手に活けられませんでしたが、
お花と向き合っていると、
気持ちが優しくなっていくのを感じました。


何とか花を仕事にできないものかと
土日はフラワーアレンジメントの教室にあちこち通い、
はれて資格を取得しました。

ちょうどそのころ、結婚の話もとんとん拍子に進み、
会社を退職し、インストラクターの道を歩むことになりました。

その後も色々あり、長くなりますので、続きは次回ということで。。。